Antares Auto-Tune搭載。
強力なピッチ補正機能を備えたボーカルプロセッサー/マイクプリアンプ

『TA-1VP』は、TASCAMのプロフェッショナル音響機器で培われた高音質を実現する回路技術と、Antares社が誇るピッチ補正ツールAuto-Tune Evoが融合したボーカルプロセッサー/マイクプリアンプです。

◆スイッチONでケロケロボイスが作れるantares Auto-Tune evo搭載
◆Auto-Tune使用時も歌いやすいモニター環境を作れるダブルトラッキング出力
◆プロフェッショナルユースに耐えうる高品位なオーディオ回路
◆演奏中や曲間でのON/OFF、プリセット変更に対応できるMIDI/フットスイッチでの外部コントロール
◆ライブハウス常設用途に最適なボーカルエフェクト群

スイッチONでケロケロボイスが作れるantares Auto-Tune evo搭載
多くのスタジオにおいてDAWとともに使われるピッチ補正エフェクトと同一のantares Auto-Tune evoを搭載。スタジオと同じクオリティでのピッチ補正、ケロケロボイスエフェクトをライブステージで作り出すことができます。設定値はスケール(音階)とスピードの2つのみ。スケールを半音階に設定し、スピードを最速に設定すれば、スイッチONでケロケロボイスを出力することができます。
・楽曲に合わせたケロケロボイスが設定できるスケール設定
・エフェクトのかかり具合を調整できるスピード設定
・ダイナミックマイク、コンデンサーマイクの直接入力に対応
・プロユースにおいて必要な詳細設定も可能

【楽曲に合わせたケロケロボイスが設定できるスケール設定】
ケロケロボイスは入力音を強制的に指定した音程に補正し、音と音のつながりをコントロールすることで生まれるエフェクトです。したがって、楽曲に合わせてスケールの設定を行うことでより楽曲にマッチしたケロケロボイスを作ることができます。設定はプリセットとして保存できるため、楽曲ごとにプリセットを作ることで複数の楽曲に対応できます。12音すべてを使う(半音階)クロマチックと、メジャー及びマイナースケールが各12、合計25のスケールから選ぶことができます。すべてのスケールはカスタマイズできますので、CメジャースケールにC#をプラスする、といった設定も可能です。

【エフェクトのかかり具合を調整できるスピード設定】
ケロケロボイスは入力音を強制的に指定した音程に補正し、音と音のつながりをコントロールすることで生まれるエフェクトです。したがって、楽曲に合わせてスケールの設定を行うことでより楽曲にマッチしたケロケロボイスを作ることができます。設定はプリセットとして保存できるため、楽曲ごとにプリセットを作ることで複数の楽曲に対応できます。

【ダイナミックマイク、コンデンサーマイクの直接入力に対応】
フロントパネルに設けられたマイク入力は、ファントム電源の供給が可能です。ライブでよく使用されるダイナミックマイクはもちろん、コンデンサーマイクにも対応できます。入力レベルも調整が可能です。

【プロユースにおいて必要な詳細設定も可能】
スケールとスピード設定以外にもAuto-Tuneの詳細設定が可能。プロユースで活用する場合の細かなニーズにも応えます。

・Audio Type (Soprano Voice, Alto/Tenor Voice, Low Male Voice, Instrument)
入力音のタイプを選択できます。Audio Typeを正確に設定することで入力音に適したピッチ補正が行われます。スケールとスピード設定以外にもAuto-Tuneの詳細設定が可能。プロユースで活用する場合の細かなニーズにも応えます。

・Auto-Tune Sensitivity (1 to 25)
入力音にボーカル以外の音が混ざっている場合の検出感度を調整できます。ライブなど、モニター音が大きい場合などに調整することでより適切なピッチ検出をすることができます。初期値は7です。

・Detune (+/-100cents)
ピッチ補正の基準値を調整することができます。4セントで1Hzとなりますので、+/-25Hzの調整が可能です。

演奏中や曲間でのON/OFF、プリセット変更に対応できるMIDI/フットスイッチでの外部コントロール
フットスイッチ及びMIDIによる外部コントロールに対応しています。曲中のエフェクトON/OFFだけでなく、複数の楽曲を演奏する場合でも柔軟に対応が可能です。
・任意のセクションだけケロケロボイスを使う場合に便利なフットスイッチ
・DAWと同期したプリセットチェンジに対応するMIDIコントロール

【任意のセクションだけケロケロボイスを使う場合に便利なフットスイッチ】
フットスイッチの接続が可能ですので、Auto-TuneエフェクトのON/OFFを足元でコントロールすることができます。フットスイッチはギター用などの一般的なフットスイッチに対応しており、接続したままTA-1VPを起動することで極性を自動的に検出します。Auto-Tuneを含むそれぞれのエフェクトセクションのON/OFFの他、プリセットの順送りもアサインすることができます。

【DAWのシーケンスと同期したプリセットチェンジに対応するMIDIコントロール】
MIDIキーボードやMIDIインターフェースからのMIDI信号によって外部コントロールが可能です。プログラムチェンジ及びコントロールチェンジに対応しています。プログラムチェンジではプリセットの変更を、コントロールチェンジでは任意のコントローラーを外部からコントロール可能です。Auto-Tuneスピードを外部コントロールすれば、楽曲の展開に合わせてピッチ補正のスピードを可変することができます。ライブでDAWを使用している場合は、DAWのプロジェクトにあらかじめプログラムチェンジを入力しておくことで自動的にプリセットを切りかえることができます。

Auto-Tune使用時も歌いやすいモニター環境を作れるダブルトラッキング出力
ライブステージでケロケロボイスを使う場合、モニター音にも気を配る必要があります。エフェクトがかかった音をモニタースピーカーに返すと歌いにくい場合は、ダブルトラッキング機能を用いることで客席とステージモニターにそれぞれ異なる音声を出力することが可能です。この機能をオンにすると、メイン出力からはエフェクト音、ダブルトラッキング出力からはドライ音が出力されます。メイン出力を客席側に、ダブルトラッキング出力をモニタースピーカーに出力すれば、エフェクトがかかっていない音を聞いて歌うことができます。
※この方法を用いてモニター環境を構築する場合は、Auto-tuneを常時ONにしてお使いください。Auto-tuneのON/OFFで出力される信号(ドライ/ウェット)が逆になります。(Auto-tune ON: MAIN-WET/DOUBLE-DRY, Auto-tune OFF: MAIN-DRY, DOUBLE-WET)

プロフェッショナルユースに耐えうる高品位なオーディオ回路
安価なデジタルエフェクトプロセッサーでは簡略化されることが多いオーディオ回路も、ミュージシャンのパフォーマンスをクリアに捉えることができる高品位な構成を採用しました。プロフェッショナルレコーダーにも採用されるUltra-HDDAマイクプリアンプを搭載し、アナログ/デジタル変換はAKM製のADC/DACで行われています。

ライブハウス常設用途に最適なボーカルエフェクト群
Auto-Tune以外にもボーカルトラックのサウンドメイキングに便利な機能を網羅。ライブハウスやホールなどに常設し、ボーカル専用のプロセッサーとして活用することが可能です。セクションごとにメーターが設けられているため、PA/SR用途において詳細なレベル監視を行うことができます。
・異なるマイクのサウンドを得られるantares マイクロホンモデラーテクノロジー搭載
・ボーカルのダイナミクスをコントロールするコンプレッサー
・ハウリングキャンセルにも活用できる2系統のイコライザー

【異なるマイクのサウンドを得られるantares マイクロホンモデラーテクノロジー搭載】
2000年にTEC Awardsを受賞したantares社のMicrophone Modelerテクノロジーにより、ソースマイクとモデリングマイクを選ぶだけで異なるマイクのサウンドを手軽に演出することが出来ます。 ソースマイクに著名なマイク14種類およびマイクタイプ5種類を用意。モデリングするマイクは「ハンドヘルドダイナミック」や「ラージダイヤフラムコンデンサー」などマイクタイプ11種類より選択することができます。antares社のプラグインに搭載されているチューブモデリングも搭載しています。

【ボーカルのダイナミクスをコントロールするコンプレッサー】
ボーカルのサウンドメイキングには欠かせないコンプレッサーも装備していますので、コンソール前段に配置することでボーカルトラックのみハイグレードなサウンドメイキングを行うことができます。一般的なコンプレッサー同様にアタック、リリース、レシオなどの設定が可能です。ゲインリダクションはLEDメーターによって表示されるため、視認性も抜群です。

【ハウリングキャンセルにも活用できる2系統のイコライザー】
2バンドのイコライザーを装備しています。高域の強調やローカットに使えるだけでなく、ノッチフィルターも備えているためハウリングキャンセルにも活用できます。ローパスフィルター/ハイパスフィルター/シェルビング/ピーキング/バンドパス/ノッチの6種類から2種類を適応することができます。

主な機能
●ピッチ補正テクノロジーとして定評あるantares Auto-Tune evo搭載
●25種類のプリセットスケールを搭載し、楽曲に最適なピッチ補正が可能
●厚いボーカルサウンドを演出できるダブルトラッキング機能
●業務用コンソール同等の高音質マイクプリアンプ搭載
●antaresマイクモデラー搭載、様々なマイクのサウンドを再現
●2バンドのイコライザーを搭載
●耳障りな歯擦音を軽減できるディエッサー搭載
●ボーカルのダイナミクス調整に最適なコンプレッサーを搭載
●35種類のプリセットを保存することが可能
●MIDI入力に接続したMIDIコントローラーに対応(アサイン可能)
●DAWに設定情報を記録できるMIDIダンプ機能
●フットスイッチによる外部コントロールに対応
●ファントム電源対応XLRバランスマイク入力端子(20dB PAD機能付き)
●RCA COAXIALデジタル出力端子(L:メイン出力、R:ダブルトラッキング出力, サンプリング周波数44.1kHz固定)
●TRS アナログバランス入力端子
●TRS アナログバランス出力端子(メイン/ダブルトラッキング出力)
●DIN5ピン MIDI入出力端子
●専用ACアダプター(PS-1225L、100-240V対応)付属
●EIA 1Uラックマウントサイズ
●RoHS対応製品


UD20180103

タスカム TASCAM / ボーカルプロセッサー/マイクプリアンプ【お取り寄せ商品】 TA-1VP-その他

タスカム TASCAM / ボーカルプロセッサー/マイクプリアンプ【お取り寄せ商品】 TA-1VP-その他

©サンスリー

タスカム TASCAM / ボーカルプロセッサー/マイクプリアンプ【お取り寄せ商品】 TA-1VP-その他

2016年8月1日導入、CRフィーバーa-nation【スペック・ボーダー・解析攻略】です。 有名人気アーティストの夢の共演「a-nation」がバチンコになりました。 総勢15組のアーティストの曲が、全45曲収録とのこ …

©SANKYO

Empress エンプレス BUFFER + 【お取り寄せ商品】

2016年8月1日導入、CR蒼天の拳 天帰【スペック・ボーダー・解析攻略】です。 北斗同様、パチンコやスロットで過去何作品もリリースされている、人気タイアップ「蒼天の拳」シリーズの最新作です。 確変65%規制が入ったせい …

©サミー

YAMAHA ヤマハ / LP-1WH ホワイト P-125WH対応ペダル【YRK】

2016年7月19日導入、CRデラマイッタ3rd【スペック・ボーダー・解析攻略】です。 強烈なインパクトを放つ巨大7セグが目立つ機種です。   私はあまり詳しくないのですが、この「デラマイッタ」シリーズは何気に …

©豊丸
©EXCITE

Marshall / MS-2C ギターアンプ 【YRK】【お取り寄せ商品】

2016年7月4日導入、CRガオガオキング2【スペック・ボーダー・解析攻略】です。 人気ドラムぱちんこ「ガオガオキング」の続編になります。   ライトミドルと甘デジの2スペック同時リリースですが、どちらもST突 …

©高尾

タスカム TASCAM / ボーカルプロセッサー/マイクプリアンプ【お取り寄せ商品】 TA-1VP-その他

2016年7月4日導入、CR遠山の金さん〜二人の遠山桜〜【スペック・ボーダー・解析攻略】です。 久しぶりの本格時代劇ぱちんこと注目を集めていますね。 スペックはオーソドックスなノーマル確変機で、誰でも分かり易いシンプルな …

1 2 3 7 »
PAGETOP