ビンテージ・オーバードライブ・プロ VOP9 は音を劇的に加工するのではなく、良質なビンテージ・アンプを思わせるナチュラルで温かい艶をギターサウンドに加えてくれます。繊細なフィンガリングや微妙なピッキングによって表情豊かなオーバードライブ・サウンドをクリエートできます。

VOP9はクリーンブーストサウンドにオーバードライブ・サウンドを重ね合わせるミクスチュア・オーバードライブです。ドライブレベルコントロールが最小の場合は、オーバードライブ回路は-12dBのアッテネーターとして働き、クリーンブースト回路は6dBのブースターとして働き、クリーンなフラット・ブーストサウンドが得られます。ドライブレベルコントロールをアップするに従い、オーバードライブ・サウンドが付け加えられます。

すべてのオペアンプは定評のあるJRC NJM4558D ICを使用、ノイズの少ないオーバードライブ・サウンドが得られます。オーバードライブ回路は、オペアンプのネガティブ・フィードバックループにダイオードを入れたOD808/OD9と同タイプを採用しています。

バッテリーコンパートメント内に回路の動作電圧切換えスイッチを装備しました。18V動作では、アクティブ・ハンバッキング・ピックアップなどが取り付けられたハイレベル・ギター使用時に、ギターのボリュームを最大にセットした時や、ドライブレベルコントロールを上げ気味にセットした時に発生していたアンインテンショナル・ディストーションが軽減されます。インプット・ハイダイナミックレンジを備えた真空管アンプを繋ぐと相乗効果により、VOP9のオーバードライブ能力をフルに発揮できます。

4PDTメカニカル・スイッチのトゥルー・バイパス・スイッチング採用、バイパスはもとよりエフェクトでもスイッチング回路による音質の劣化がありません。

9シリーズの血統を引継いだツーウェイパワー、ACアダプター(オプション)でのオペレートはもとより、9Vアルカリ電池で連続20時間以上(±4.5V時)のオペレートが可能です。電池の交換はワンタッチ方式です。

外部電源(ACアダプター)、9V電池使用に関わらず、内蔵のDC/DCコンバータで常に安定化したDC9V(±4.5V)またはDC18V(±9V)電源で回路が働きます。電池の電圧低下やAC電源の電圧変動による音質や機能の低下がありません。

純日本製 / MADE IN JAPAN
アダプタは別売りとなります。

【マクソン】【オーバードライブ】 VOP9 / MAXON-オーバードライブ

【マクソン】【オーバードライブ】 VOP9 / MAXON-オーバードライブ

©サンスリー

【マクソン】【オーバードライブ】 VOP9 / MAXON-オーバードライブ

2016年8月1日導入、CRフィーバーa-nation【スペック・ボーダー・解析攻略】です。 有名人気アーティストの夢の共演「a-nation」がバチンコになりました。 総勢15組のアーティストの曲が、全45曲収録とのこ …

©SANKYO

Rupert Neve Designs / RNDI DIボックス

2016年8月1日導入、CR蒼天の拳 天帰【スペック・ボーダー・解析攻略】です。 北斗同様、パチンコやスロットで過去何作品もリリースされている、人気タイアップ「蒼天の拳」シリーズの最新作です。 確変65%規制が入ったせい …

©サミー

ETYMOTIC RESEARCH エティモティックリサーチ / hf3 Black 3ボタンコントローラを搭載カナル型イヤフォン 【お取り寄せ商品】

2016年7月19日導入、CRデラマイッタ3rd【スペック・ボーダー・解析攻略】です。 強烈なインパクトを放つ巨大7セグが目立つ機種です。   私はあまり詳しくないのですが、この「デラマイッタ」シリーズは何気に …

©豊丸
©EXCITE

【在庫あり】YAMAHA ヤマハ / STAGEPAS 600BT ポータブルPAシステム ステージパス【YRK】

2016年7月4日導入、CRガオガオキング2【スペック・ボーダー・解析攻略】です。 人気ドラムぱちんこ「ガオガオキング」の続編になります。   ライトミドルと甘デジの2スペック同時リリースですが、どちらもST突 …

©高尾

【マクソン】【オーバードライブ】 VOP9 / MAXON-オーバードライブ

2016年7月4日導入、CR遠山の金さん〜二人の遠山桜〜【スペック・ボーダー・解析攻略】です。 久しぶりの本格時代劇ぱちんこと注目を集めていますね。 スペックはオーソドックスなノーマル確変機で、誰でも分かり易いシンプルな …

1 2 3 7 »
PAGETOP